髪を気にする男性
  • ホーム
  • AGA発症のメカニズムと治療薬について

AGA発症のメカニズムと治療薬について

髪を梳かす男性

なぜAGAが発症してしまうのかと言えば、それにはある物質の存在が関係しています。
ここでAGAのメカニズムを解析してみると、まず問題の物質というのはDHTと呼ばれ、AGAの主たる要因になっているのです。
そしてDHTには毛周期を変化させる作用がありますが、毛周期を構成する成長期を短くすると言われています。
成長期が短くなるという事は髪の毛が育つ時間が短縮されるという事であり、したがって丈夫な髪の毛になる前に抜け落ちてしまうのです。
ですからAGAが発症している場合、抜け毛が短かったり細かったりしますし、もしそのような抜け毛が目立っているようですと要注意と言えます。
AGAが発症した場合は専用の薬を利用して対策を行う事ができますが、薬についても解析を行ってみましょう。

薬の効果としては脱毛を引き起こしているDHTを作らせないようにする作用なのですが、DHTというのはテストステロンと5αリダクターゼという物質が結合して誕生します。
両者が結合してしまうと強力に脱毛が促進されてしまいますが、そこで活躍するのが専用の薬です。
薬にはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれていますが、この成分には5αリダクターゼを抑制する働きがある為、それによって両者の結合を阻害して原因物質を作らせないようにする事ができるのです。
そしてDHTが増加しない事で抜け毛も減っていきますし、DHTが減ったという事は毛周期も正常になり、丈夫な髪の毛が育まれ易くなります。
AGAと薬の関係はこのように解析する事ができますが、AGAは男性に強い関連性がありますので、男性なら覚えておきたいメカニズムですし、どのように作用するのかを理解しておけばAGA治療も受け易くなる事でしょう。

サイト内検索
人気記事一覧