髪を気にする男性
  • ホーム
  • AGA治療でかゆみ止めを処方された場合

AGA治療でかゆみ止めを処方された場合

髪に悩む男性

AGAの治療に関しては自由診療となっているので健康保険に関しては利用することができないので、皮膚科や美容外科などを受診した時にカウンセリングを受けて、AGA治療のために必要な料金についての説明を聞いておくことが非常に重要です。
AGAは治療するための期間が非常に長くなるので、毎月2万円を数年間払い続けるだけの収入がないと生活が厳しくなるので、皮膚科を受診して保険が適用される部分にはなるべく適用してもらうようにすると費用を少し抑えることができます。
AGA治療でかゆみ止めを処方された場合には自由診療と保険の適用範囲とでは料金が異なるのですが、かゆみ止めはドラッグストア以外に自分で用意することもできるので、薬局でかゆみ止めの処方をされた時に価格が高いと感じた場合には自分で購入するという選択肢もあります。
AGAの治療は基本的には男性ホルモンによって作られる物質の働きを抑制するための薬が処方されるのですが、美容外科などの場合にはこれに加えて血管を拡張する薬が処方されるので、皮膚科よりも少し割高になる傾向があります。
これらのAGA改善薬を服用することで、薄毛の状態を維持することができるのですが、発毛を促す効果もあるので現状よりも髪の毛の本数が増えることもあります。
しかしこれらの薬は半年以上服用しないと効果を実感することができないので、最低でも6ヶ月分の医療費がかかります。
また服用を中止すると薄毛が再度進行するので2年以上は服用を続けなければなりません。
美容外科と皮膚科では治療方針が異なる場合があるのですが、基本的には皮膚科を受診すると費用が少なくて済みますが、美容外科のほうが発毛効果が高いとされています。