髪を気にする男性
お知らせ
櫛で髪を梳かす男性

AGAとは男性型脱毛症の略称です。
AGAは多くの男性が悩む男性特有の脱毛症です。
なぜ男性特有に発症するのかというと男性ホルモンであるテストステロンがAGA発症に関与しているからです。
男性ホルモンのテストステロンが毛根組織内で5αリダクターゼによって活性体へと変換されると毛根に作用して脱毛症を引き起こすのです。

AGA治療薬として最もメジャーなのはプロペシア(フィナステリド)です。
この薬は前述の5αリダクターゼの働きを阻害する薬で、AGAの作用機序に沿った非常に合理的な薬となっています。
この薬によるAGA発症抑制効果は95%以上です。
進行した脱毛症に対しては1年後の有効率が40%程度、3年後の有効率が80%程度となっています。
よって長期に根気強く使用すれば進行したAGAに対しても有効性が期待できるのです。
プロペシアは通販で簡単に購入可能なので、気になる方は通販サイトをチェックしてみましょう。

またプロペシアと同様に5αリダクターゼの働きを阻害するアボルブ(デュタステリド)も有効な薬です。
アボルブは日本においては前立腺肥大症の治療に利用されていますが、適用外処方で男性型脱毛症に使用されることもあります。
男性型脱毛症に対する治療効果ではアボルブの方が優れているという報告もあります。

またリアップも男性型脱毛症に応用されることがあります。
リアップは前述の5αリダクターゼ阻害薬とは異なった作用機序を有しています。
リアップの有効成分ミノキシジルはホスホジエステラーゼVという酵素を阻害します。
この酵素は血管組織に存在し、これの阻害によってサイクリックGMP量が増加し、血管平滑筋が弛緩し血管が拡張します。
これによって頭皮組織に血流量が多くなり、髪の成長を促すのです。
壮年性脱毛症に対しては90%以上に有効率を持っています。